敏感肌の方に合う化粧水

subpage1

ちょっとしたことですぐに肌が炎症を起こしたり荒れたりする敏感肌の方には、どのような化粧水が向いているのでしょうか?敏感肌とは、肌の角質層が、乾燥や紫外線によるダメージの蓄積や、疲労やストレス、加齢など。

様々な原因で荒れてしまっていて、本来備わっているはずのバリア機能が弱っている状態のことを言います。



肌を守るバリア機能が弱っているため、外部からの刺激が肌の内部に入り込みやすく、ごく軽い刺激を受けただけで、肌がヒリヒリしたり、かゆみや赤みが生じたりしてしまいます。



このような敏感肌の方には、界面活性剤や合成保存料、パラベンなどの防腐剤を含まない化粧水の方が、刺激が少なくて安心です。

特に、肌が敏感な方は、アルコールによって、ポツポツが出たり赤みが出たりと、アレルギー反応のような症状が生じがちです。

アルコールは、化粧水の成分表ではよく「エタノール」と表示されていますので、エタノールが含まれていないものや、「エタノールフリー」と表記してあるものを選ぶと安心です。敏感肌の方は、天然成分で低刺激の化粧水を選ぶようにしましょう。

おすすめの敏感肌の化粧水情報探しのサポートをいたします。

また、弱った肌のバリア機能を補えるように、ハーブやハトムギ、セラミドなどの保湿成分を含んだ製品や、保湿効果に優れた天然温泉水を利用した化粧水などがおススメです。ローズヒップやラベンダーのオイルなどを利用した製品も、保湿効果に加えて、上質の香りによるリラックス効果が期待できて、おススメです。


意外な真実

subpage2

しっかり保湿ができることや低刺激であることが大切です。敏感肌の方は肌が乾燥してバリア機能が衰えていることが考えられます。...

more

これからの社会!

subpage3

敏感肌の人は化粧水をつけた時にヒリヒリとした痛みを感じないものや、肌に沁みないものを選ぶ必要があります。ですから化粧水を選ぶ時は、成分ができるだけ水に近いものか、化学成分が含まれていないようなものを選ぶようにもしましょう。...

more

最新情報

subpage4

敏感肌とよくいわれますが、具体的にはどのような肌のことをいうのでしょうか。実はこの敏感肌は、元々は乾燥肌であることが多いのです。...

more

社会が気になる方

subpage5

敏感肌になってしまうのは肌のバリア機能が低下していることが原因です。改善するためには、肌の潤いを保ち、肌のバリア機能を正常化する必要があります。...

more