敏感肌のための化粧水

subpage1

しっかり保湿ができることや低刺激であることが大切です。

敏感肌の方は肌が乾燥してバリア機能が衰えていることが考えられます。そのため、保湿が重要です。
肌に刺激を与えず、バリア機能を高めて保湿するにはセラミドが効果的です。

ヒト型セラミドと呼ばれるセラミドなら、肌に優しいですし、肌のバリア機能を強化してくれる働きが期待できます。


セラミド配合の化粧水、その中でも特にヒト型セラミドを配合している化粧水に注目して探してみるとよいです。

肌の刺激になるものについては、極力避けたほうが賢明です。


敏感肌の方でも状態が良いときと悪いときがありますので、刺激をより感じやすいときには特に注意が必要です。
刺激を受けると敏感肌が悪化することも考えられますし、他のトラブルも出やすくなります。
なるべく刺激の少ないものを選びましょう。

アルコールや合成香料などの添加物に注意するのはもちろん、ビタミンC誘導体や精油、植物オイルなどにも注意が必要です。弱っている状態の肌には、有効成分も刺激となることがあるからです。
アルコールなどが刺激が強いのは有名ですが、ビタミンC誘導体なども乾燥に繋がる恐れがあります。

有効な成分でも働きや刺激の程度などにより敏感肌の方には合わない場合もあるので注意しましょう。精油や植物オイルなども同じで、天然だからといって油断しすぎてはいけません。

おすすめの敏感肌の化粧水の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

天然のものでも肌に合わないときには合いません。



化粧水をチェックするときには、成分表記をしっかりチェックしましょう。



最初はなるべくシンプルな配合されている成分の種類が少ないもののほうが安心です。